まめごと

暮らしのらくがき兼メモ帳。

2016年版etvosミネラルUVパウダーを購入しました

先日、etvosの3月1日に発売したばかりの新しいミネラルUVパウダーを購入しました!

f:id:kimi08:20160318122301p:plain

etvos.com

 

半年ほど前の記事には2015年発売分のミネラルUVパウダーについても書きました。

mmgt.hatenablog.com

 

今回は2016年発売分のミネラルUVパウダーについても、使い心地や私の使い方についてお話ししたいと思います。

 

私がミネラルUVパウダーをリピート買いした6つの理由

昨年の夏に在宅中の日焼け止めとして購入したミネラルUVパウダーですが、毎日使っていたこともありそろそろなくなりそうになったため購入しました。

 

f:id:kimi08:20160318122707p:plain

f:id:kimi08:20160318122740p:plain

 

プレストタイプのUVパウダーも販売しているためサイトを見た当初はプレストパウダータイプを購入しようと思いましたが、「ブルーライト65%カット」とパウダータイプのものと比べて少し低めでした。

 

etvos.com

 

今年はブルーライトカットの化粧下地もよく見かけるようになったなーと思いました。雑誌でもよく取り上げられていて、見かけるたびに購入しようかな…と考えていました。

でも今のところ、家にいる時はミネラルUVパウダーを小まめにつけ直して、外に出るときには化粧下地を付ける前にジェルタイプの日焼け止め(石けんで落とせるもの)をつけて、ミネラルUVパウダーを付け直す…という方が肌には負担にならないかなと考えています。

 

まあ、化粧下地をつけるようなメイクをする時はPCは殆ど使わない時なので必要ないですね!家で完全に引きこもって仕事している時は化粧下地からばっちりメイクはしないので。笑

 

2016年版ミネラルUVパウダーの使用感

f:id:kimi08:20160318122930p:plain

 

使い心地は昨年のものとあまり差を感じません。


パウダー自体はさらっとしていてつけて違和感は全く無く、パフもふかふかです。
ただ、パフが小さいため、パフ全体にパウダーを満遍なくつけるのが大変だと感じています。パウダーをパフに揉み込むと周りに粉が飛んでしまう…


そのため私はetvosのカブキブラシでパウダーをつけています。
パフでつけるよりもブラシでつけたほうが、私の肌には馴染むような気がします。

 

まめ流ミネラルUVパウダーの使い方

1、自宅で作業するときの日焼け対策

f:id:kimi08:20160318123031p:plain

 

PCの横には常にミネラルUVパウダーが入ったパフジャー容器とリップクリームが置いてあります。
気がついた時にポンポンつけられるのでつけ直し忘れも少ないし、つけ直したいけど面倒…ということもないです。

 

2、メイクの仕上げパウダー

f:id:kimi08:20160318123105p:plain

 

少量だけブラシで仕上げにつけると毛穴が目立ちにくくなってくれるので重宝しています。

 

3、メイク直し&日焼け止めつけ直し

f:id:kimi08:20160318123144p:plain

 

メイク直し用の道具は巾着に入れて持ち運んでいます。

 

ちょっと番外編。ミネラルCCクリームは購入しません

ロフトのetvosのコーナーにミネラルCCクリームのサンプルが置いてあったので試しに手の甲につけてみたんですが、思っていた以上の柑橘系の香りと、予想外のラメ感に購入を控えました。

 

ネットで見かけた時には購入しようか迷っていたんですが、私には使えこなせなさそうだな…と思ってしまいました。
CCクリームで石けんとお湯で落とせるのはすごく魅力的だっただけに残念…。

 

etvosミネラルUVパウダーで日焼け対策&ブルーライトカットを継続します

見た目では昨年から比べて日焼けした感じは全くないということと、パウダーを使って肌が荒れるということがないので、これからも引き続きミネラルUVパウダーで日焼け対策を継続します。


昨年の使用量を考えると、夏の終わりごろにはパウダーを使い切ると思うのでまたその頃に引き続き購入するか、または別の日焼け対策をするかを考えたいと思います!